忍びよる腎臓病

あなたの生活習慣は問題ありませんか?だれでも掛る可能性のある腎臓病を予防しましょう。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2012.10.17 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - |
    2012.10.17 Wednesday

    腎臓病の予防方法はこれだ!

    0
      毎度です!今日も頑張ってますか?

      腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)は腎臓に影響を与えるのみならず、他の臓器に影響を及ぼす危険性もありますね。

      腎臓病を引き起こす大きな要因として、生活習慣病(脂質異常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)があげられているのです。



      この生活習慣病を予防する事が、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)の予防につながっていくんだといえるでしょう。

      まず一番重要なことは、腎臓の機能を正常に保つ為に、体の中の水分の含有量を正常に保つ必要がありますよね。



      水筒やペットボトル(凸半球型ペットボトル、丸型ペットボトル、角型ペットボトルなどの種類があります)などを持ち歩いて、外出先でもこまめに水分補給してくださいね。

      また、体内の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)バランスを維持するためには、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を補給するに限った事ではなく、他にも色々な工夫が必要です。



      例えば、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を補給すれば尿意を感じるのは当たり前ですが、女性に多く見られるのが、尿意を我慢してしまうことです。

      尿意を我慢すると細菌が膀胱内で繁殖してしまい、腎臓に負担をかけてることになるので、我慢せずに老廃物と毒素(人体にとって必要不可欠な栄養素でも、とり過ぎると害になることもあるのです)を速やかに体外へ排出してしまいてください。



      また、腎臓は血行不良だと活動が鈍ってしまいます。

      血液循環(魚類、両生類、爬虫類、鳥類や哺乳類では、心臓の構造が異なっています)をスムーズに行う為には、適度な運動量が必要になるのです。

      運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)は生活習慣病(発症する原因が生活習慣にあると考えられている疾患全般の総称です)を招待する原因(もちろん改善できない時もあります)とも言われているので、

      適度に運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)することはとても重要な事になるでしょう。



      だからと言って、いきなりジョギング(ジョギング愛好家をジョガーと呼ぶこともあります)をはじめたり、スポーツジムに通ってくださいといった訳ではありません。

      ウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝などに負担がかかります)や水泳など、あまり体に負担のかからないような運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を行うといいかもしれませんね。



      生活習慣病である予防の為に、最も重要な事といえば食事と思いますよ。

      利尿作用(尿の量を増やしたり、尿の排出を促す作用のことです)があり、腎臓に良いとされている成分がカリウム(肥料としてもよく使われています)です。

      カリウムがたくさん含まれている食材で代表的なのは、白菜です。



      白菜は水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)も数多く摂る事が出来るので、積極的に食べるようにしましょう。



      お役立ちサイト。
      腎臓病〜検査と予防そして原因〜



      ではでは、今日はそろそろこのあたり、またお会いしましょうね〜♪


      この記事の関連ワード
      教室 薬物療法学会 入院 お馬さん やぷろぐ 糖尿病性 


      2012.09.23 Sunday

      腎臓病予防のための栄養素とは?

      0
        こんにちは、今日も朝からご苦労様です。

        近年、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)や高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)等の生活習慣病(脂質異常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)が引き金になって腎臓の機能が低下してしまい、

        腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)になってしまうパターンが増加傾向にあるみたいです。



        腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)になってしまうと、透析っぽい大きな負担となる治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が必要となりますから、そういった状態になる前に腎臓病の予防を行う事は、とても大切ですね。

        腎臓病となる可能性を減少させるには、食事療法(食事の時間を決めて、規則正しくとることも大切です)が基本です。



        それでは、腎臓病予防に役立つ栄養素には、一体どんな感じのものが挙げられているのだと思います。

        一般的に、腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)に対する食事療法のポイント(効率のよさを追求するなら、知っておくべきでしょう)としては、たんぱく質を制限して塩分は控えめに、水分量の管理も重要だと言われていますね。



        腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)予防も、基本的には同じです。

        ただ、まだ腎臓病の治療が必要でない場合に、たんぱく質やカリウム、リン等の栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)を制限するような食事をしてしまったりすると、しらないうちに健康管理に必要不可欠なビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)やミネラルが不足する事もありますね。



        特に、ビタミンB群(ビタミンC以外の水溶性ビタミンの総称をいいます)や亜鉛、鉄、カルシウム(不足するとイライラしやすくなるといわれています)等が不足しがちになりますよ。

        この中のビタミンB1(不足すると脚気になってしまったり、神経炎になるといわれています)には利尿作用(尿の量を増やしたり、尿の排出を促す作用のことです)がある為、意識しながら摂取する事で腎臓病の予防にも、またそこからくるむくみ(朝、起きて顔がむくんでいても、二時間ほどで元に戻ることがほとんどです)にも効果が期待できるでしょう。



        腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を行いいる場合には、カリウムの摂取を控えなければならないケースもあるらしいです。

        でも、このカリウム(人間が健康を保つ上で、必要不可欠なミネラルの一つです)にはナトリウムの排せつを促す作用や、血圧(喫煙や過度の飲酒で上昇します)を安定させる作用がありますので、予防の段階には積極的に摂取したい栄養素でもあるのです。



        リンク集です!?
        腎臓病を予防するためには運動が必要
        腎臓病の原因〜生活習慣病の問題〜
        鍼灸治療で腎臓病は治るの?



        ではでは、今日はお終いだよ!それでは、グッバイヾ( ̄ー ̄)ノ


        この記事の関連ワード
        お馬さん やぷろぐ 入院 血液検査 レシピ 痛み 


        2012.08.25 Saturday

        腎臓にいいサプリメントのこと

        0
          GoodAfternoon!今日も来てくれてありがとうございます。

          少し前からの健康ブーム(健康にいいといわれる方法でも、誤った認識で行うと、健康被害が起こることもあります)にのって、近頃ではサプリを摂取行う人が増えているようですね。

          また、現代人特有の忙しさからなのか、食事習慣の乱れによる栄養不足を補うために、サプリを活用されている方もいらっしゃるようです。



          それでは、このサプリを使って、腎臓の調子を整える事は出来るのでしょうか?

          とりあえず気をつけておいて欲しい事は、サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)は薬ではないんです。

          本来であれば、野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)や果物等の食物から栄養素を摂取するという方法が一番望ましいなのではないでしょうかが、

          現代の食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)の中ではかなり難しいものがあります。



          そこで、サプリを併用する事により、体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)を改善したり、調子を整えたりするのようです。

          つまり、サプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)のみで腎臓の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)等を治すことは不可能だと言う事は、良く覚えておいた方がいいかもしれません。



          その点を踏まえた上で、腎臓にいいサプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)としては、オルニチンやマグネシウム(過度に摂り過ぎると下痢になってしまうこともあるでしょう)、水溶性のビタミンB1(チアミンとも呼ばれていますが、こちらの方が一般的な名称でしょう)2があるそうです。

          オルニチンは体の中の有毒物質であるアンモニアを無害な尿素にしてくれるので、腎臓への負担が軽減されます。



          また、マグネシウムには尿中のカルシウム濃度を正常な状態にコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)してくれる働きがあるので、腎臓の調子が良く無い場合でも結石が出来るのを防いでくれるものです。

          ビタミンB1(水溶性で調理中に失われやすいので、注意が必要でしょう)2は腎臓の機能を助ける効果が期待出来るわけです。



          そのほかにも、β−カロテン、セレニウム等があげられるのです。



          今日のサイト案内!?
          腎臓癌とは?〜どんな症状?〜
          鍼灸治療で腎臓病は治るの?
          腎臓の石灰化とはどういう物なの?



          それでは、おしまい!!!


          この記事の関連ワード
          血液検査 レシピ お馬さん やぷろぐ 日本小児 薬物療法学会 


          2012.07.26 Thursday

          腎臓の石灰化って聞いたことありますか?

          0
            こんちわっすー、皆さまはお元気ですか?

            友人が先日、人間ドックを受けた際の検査結果が戻ってきた時の話をしていました。

            結果をみてみると、超音波検査の欄に、「腎臓石灰化」という記載があっただといえると思います。



            私は友人からこの話を聞いて気になり、腎臓石灰化について色々調べてみました。

            腎臓の石灰化とは、尿を体外へ排泄する際、尿中にカルシウムが多く含まれていると、そのカルシウムが全て排泄されることなく、腎臓の壁に沈着してしまい、石灰化することを言います。

            カルシウム(骨や歯などを作る成分で、不足すると骨粗鬆症になってしまう恐れがあります)はそもそも骨に沈着する物質ですから、腎臓に沈着するというのは異常な事なんでしょう。



            皆さん、一度くらいは、腎臓結石といった病名を耳にした事が?



            簡単に申し上げますと、腎臓内に結石ができて、しまい、排泄されない状態の事を言うんです。

            腎臓結石ともなると、超音波検査でも一目見てわかる程度の大きさの石を腎臓内に発見することができます。

            腎臓石灰化は簡単に言いますと、腎臓結石の一歩手前の段階といったところでしょうか。



            なぜこういった状態になってしまうのか、まだはっきりとはわかっていないようです。

            ただ、ある実験を行った結果、リンの過剰摂取が原因ではないか?

            と言う事は判明したかもしれませんね。

            リンはたくさんある食品にふくまれていて、食品添加物(食品衛生法で禁止されているものは添加できないことになっています)などにも多く含まれているため、気がつかないうちに過剰に摂取してしまっているのが原因(これを明らかにしないと同じ轍を踏むことになりかねません)だという説もあります。



            腎臓石灰化という診断を受けたら、腎臓結石になってしまわないためにも、食事に注意したり、定期的に検査を受けた方がいいですね。



            おすすめなサイトかと・・・。
            腎臓にいい漢方とは?
            むくみと腎臓の関係性
            腎臓の石灰化とはどういう物なの?



            といったところで、明日はいい日だ。がんばろ〜^^


            この記事の関連ワード
            レシピ 血液検査 糖尿病性 入院 病院 


            えみの生活メモ

            2012.07.23 Monday

            腎臓の石灰化って聞いたことありますか?

            0
              こんちわっすー、皆さまはお元気ですか?

              友人が先日、人間ドックを受けた際の検査結果が戻ってきた時の話をしていました。

              結果をみてみると、超音波検査の欄に、「腎臓石灰化」という記載があっただといえると思います。



              私は友人からこの話を聞いて気になり、腎臓石灰化について色々調べてみました。

              腎臓の石灰化とは、尿を体外へ排泄する際、尿中にカルシウムが多く含まれていると、そのカルシウムが全て排泄されることなく、腎臓の壁に沈着してしまい、石灰化することを言います。

              カルシウム(骨や歯などを作る成分で、不足すると骨粗鬆症になってしまう恐れがあります)はそもそも骨に沈着する物質ですから、腎臓に沈着するというのは異常な事なんでしょう。



              皆さん、一度くらいは、腎臓結石といった病名を耳にした事が?



              簡単に申し上げますと、腎臓内に結石ができて、しまい、排泄されない状態の事を言うんです。

              腎臓結石ともなると、超音波検査でも一目見てわかる程度の大きさの石を腎臓内に発見することができます。

              腎臓石灰化は簡単に言いますと、腎臓結石の一歩手前の段階といったところでしょうか。



              なぜこういった状態になってしまうのか、まだはっきりとはわかっていないようです。

              ただ、ある実験を行った結果、リンの過剰摂取が原因ではないか?

              と言う事は判明したかもしれませんね。

              リンはたくさんある食品にふくまれていて、食品添加物(食品衛生法で禁止されているものは添加できないことになっています)などにも多く含まれているため、気がつかないうちに過剰に摂取してしまっているのが原因(これを明らかにしないと同じ轍を踏むことになりかねません)だという説もあります。



              腎臓石灰化という診断を受けたら、腎臓結石になってしまわないためにも、食事に注意したり、定期的に検査を受けた方がいいですね。



              おすすめなサイトかと・・・。
              腎臓にいい漢方とは?
              むくみと腎臓の関係性
              腎臓の石灰化とはどういう物なの?



              といったところで、明日はいい日だ。がんばろ〜^^


              この記事の関連ワード
              の名医 痛み レシピ 教室 血液検査 


              2012.06.23 Saturday

              腎臓の機能のこと!

              0
                現代の食生活(きちんと決まった時間に栄養バランスのとれたものを食べるというのが理想です)は昔と違い、塩分の摂取量がとても高くなったため、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)を患っている患者さんが多いと言われています。

                腎臓は肝臓と同様、人間に取って、非常に重要な役割を果たしている臓器かも知れません。



                腎臓には、3つの大きな役割があります。

                まず、1つ目は、老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)のろ過と排出です。

                ろ過と排出と一口にいっても、理解するのはむつかしいと思うのですが、実は、腎臓が全身を巡っている血液の老廃物や毒素(その生物によっても、耐性が異なります)を取り除くためのろ過作業を行い、血液の浄化を行っているのです。



                ろ過されて老廃物や毒素(一定の量を超えると害になる物質も少なくありません)は尿と共に体外へ排出されるのですが、腎臓機能が低下してしまったら、このろ過と排出が上手にいかなくなり、体内に蓄積されてしまいます。

                腎臓では、1日に約150リットルの血液を浄化しているといわれているのです。



                そして、2つめが、体液や電解質の調節を行ってる事です。

                電解質とは、主にナトリウム・カリウム(人間が健康を保つ上で、必要不可欠なミネラルの一つです)・リン・カルシウム(歯や骨を形成する以外にも、血液バランスを整えたりする働きがあります)・マグネシウムなどの事をいうんですが、この電解質が人間の体にとって、必要不可欠な物なのです。

                もちろん、体液(水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう))が重要なことは皆様も知っているでしょう。



                でも、この体液と電解質は多すぎてもいけないでしょうし、少なすぎてもダメなのです。

                この二つのバランスを上手に保つ役目を担っているのが腎臓かも知れませんね。



                3つ目が、ホルモンの分泌と調節を行ってる事です。

                赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)を作り出したり、骨の発育維持といった重要な機能をスムーズに行うために、腎臓が直接ホルモンを分泌して調整しています。



                気になるリンク集。
                腎臓病〜検査と予防そして原因〜



                この記事の関連ワード
                お馬さん やぷろぐ 食 カリウム と運動 入院 運動 


                2012.06.21 Thursday

                腎臓の透析治療のお話し

                0
                  腎臓が私達の体内で、とても大切な役割を担っている臓器である事は御存知だと思いますが、具体的に言えば次みたいな働きをしているのです。

                  ・体内の老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)を尿中に排泄して、血液をキレイにする。

                  ・体の中の水分の量が一定になるように、尿の量を調節する。

                  ・血液の電解質濃度(ナトリウム、カリウム(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)、カルシウム(普段は骨に蓄えられていて、血中のカルシウムが不足すると骨から補われます)、マグネシウム等)を正常な値にする。

                  ・ホルモンを作成して血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)をコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)し、赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)を作る。



                  このように、体にとって不可欠な働きをしている腎臓の調子が悪くなり機能しなくなると、私達は生きて行く事ができなくなります。

                  そこで、腎臓の代わりに人工的に体の中の血液を綺麗にする治療法が、透析になりますよね。



                  透析は、大きく分けて血液透析と腹膜(腹部の臓器を覆っている薄い半透明な膜のことで、漿膜の一種です)透析の2つがあります。

                  ・血液透析
                  機械に血液を通して濾過する。



                  現在では、この血液透析をしている患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)のほうが圧倒的に多い。

                  ・腹膜(腹部の臓器を覆っている薄い半透明な膜のことで、漿膜の一種です)透析
                  自分のおなかの膜を濾過装置として使用してみる。

                  透析治療を行うことによって、あるていど一般的な生活を送る事ができるんですが、腎臓の機能が回復している訳ではないので、この透析治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は一生継続する事で行かなければならないでしょう。



                  けれど、血液透析には問題点もあり、
                  ・週に3回の通院と、1回の透析で4〜5時間拘束される。

                  ・透析の前後で体調の変動が激しい。

                  ・抗凝固剤の為に、透析中、及び透析後はしばらく出血しやすい。
                  等が挙げられています。



                  また、長期間の透析治療には合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)の問題もあり、骨の障害や動脈硬化、心不全、悪性腫瘍といった症状が考えられるのではないでしょうか。



                  今日の気になるリンク集。
                  鍼灸治療で腎臓病は治るの?
                  腎臓病予防に役立つ栄養素
                  腎臓にいい漢方とは?



                  この記事の関連ワード
                  糖尿病性 薬物療法学会 病院 食 カリウム お馬さん やぷろぐ 


                  2012.06.18 Monday

                  腎臓病の種類のことです!

                  0
                    最近では、慢性腎臓病(2006年6月に設立された日本慢性腎臓病対策協議会が認知の向上に努めています)が新しい国民病と言われ始めている程、腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)患者さんが増加しているのです。

                    皆さんも、くり返し腎臓病という言葉を聞いたことがあるようです。



                    腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)とは、腎臓機能が低下してしまうことにより、老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)や毒素(その生物によっても、耐性が異なります)の排泄が上手く行われなくなったり、体内の水分量を調節することがうまく出来なくなることで、色んな症状を現します。

                    一昔前は腎臓病といいますと、不治の病と言われるほど重病でした。



                    しかし、現在では、医療技術が進化し、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の進行を遅らせたり、人工透析(一般的には、腹膜透析、もしくは、血液透析が行われますが、どちらを選択するかで食事制限やタンパク質の喪失量など、体に対する影響がかなり異なります)を行うこも可能になったのです。

                    色々と治療法も選ぶことができますし、早期発見・早期治療を行えば、日常生活をそこまで大きく変えてしまうような病気では無いでしょう。



                    腎臓病にもいろいろな種類の腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)があるので、ここで少し調べてみたいと思います。

                    先程も申し上げたように、新しい国民病(その国の多くの人がかかっている病気のことです)ともいわれている「慢性腎炎」。

                    これは、糸球体に何らかの異常が起こった場合になる病気です。



                    健康診断(献血などでも簡易的に教えてくれますよね)で行った尿検査で、たんぱく尿が出ていると診断され、そこから慢性腎炎だと言う事が発覚するケースも多くあります。

                    治療法も様々あり、腎炎となった原因(これをきちんと解決して、次に備えるべきですね)によっても治療法も異なります。

                    そして、近年多く見られるようになったのは、糖尿病性腎症で、これも腎臓病のひとつです。



                    糖尿病の合併症(元々進行していた病気と関係して発症するものを指すのが本来の意味なんだとか)として腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)を引き起こすのですが、

                    人工透析(一般的には、腹膜透析、もしくは、血液透析が行われますが、どちらを選択するかで食事制限やタンパク質の喪失量など、体に対する影響がかなり異なります)をしている患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの約40パーセントが、

                    この糖尿病性腎症(第1期・腎症前期、第2期・早期腎症、第3期・非代償性腎不全、第4期・腎不全期、第5期・透析療法期に分けられています)が原因で人工透析をしているだといえるはずです。



                    糖尿病みたいに高血糖(以前よりもすぐにのどが乾く、夜トイレに行く回数が増えた、疲れやすくなったなどの症状が出ることもあります)状態であると、血液の浄化機能がどんどん低下して言ってしまうのです。



                    こちらはいかが。
                    腎臓病のネフローゼ症候群〜6歳未満の小児に多い〜
                    腎臓の石灰化とはどういう物なの?
                    腎臓の調子を整えるサプリメント



                    この記事の関連ワード
                    血液検査 レシピ 糖尿病性 痛み カリウム制限 


                    2012.06.15 Friday

                    腎臓病の予防方法はどうなんでしょう?

                    0
                      腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)は腎臓に影響を与えるのみならず、他の臓器に影響を及ぼす危険性もあります。

                      腎臓疾患を引き起こしてしまう大きな要因として、生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)が挙げられているのです。

                      この生活習慣病(発症する原因が生活習慣にあると考えられている疾患全般の総称です)を予防することが、腎臓病の予防につながっていくんだと言えるのではないでしょうか。



                      まず最も大切なことは、腎臓の機能を正常に保つために、体内の水分の量を正いつも保つ必要があるのです。

                      水筒やペットボトル(凸半球型ペットボトル、丸型ペットボトル、角型ペットボトルなどの種類があります)などを持ち歩いて、外出先でもこまめに水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)補給しましょう。



                      また、体内の水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)バランスをキープするためには、水分を補給するに限ったことではなく、他にも色々な工夫が必要です。

                      例えば、水分を補給すれば尿意を感じるのはもちろん、女性(ならではの視点が貴重なこともありますが、逆にマイナスとなることもありますね)に多く見られるのが、尿意を我慢してしまうことです。



                      尿意を我慢すると細菌が膀胱内で繁殖してしまい、腎臓に負担を掛けてることになりますから、我慢せずに老廃物と毒素を速やかに体外へ排出してしまいて下さい。

                      また、腎臓は血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)だと活動が鈍ってしまうはずです。



                      血液循環(ウイリアム・ハーベーが1628年に血液循環説を唱えるまでは、血液は肝臓で作られて各器官で消費され、循環するとは思われてなかったそうです)をスムーズに行うためには、ほどほどの運動量が必要です。

                      運動不足は生活習慣病(近年では子供や若い人でも発症しているのだとか)を招く原因(これを明らかにしないと同じ轍を踏むことになりかねません)ともいわれているので、適度に運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)するというのはとても重要なことなのです。



                      とはいえ、いきなりジョギングを始めたり、スポーツジムに通ってくださいと言うわけではないんです。

                      ウォーキングや水泳など、あまり体に負担のかからないような運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を行うと良いでしょう。



                      生活習慣病である予防のために、一番大切な事といえば食事となるのです。

                      利尿作用があり、腎臓にいいと言われている成分がカリウム(生き物にとっては必要不可欠な元素だといわれています)です。

                      カリウムがたくさん含まれている食材で代表的なのは、白菜です。



                      白菜は水分もたくさん摂取することができるので、積極的にたべるようにして下さい。



                      こちらはどうかな!?
                      腎臓病〜検査と予防そして原因〜



                      この記事の関連ワード
                      血液検査 入院 の名医 お馬さん やぷろぐ 食 カリウム 


                      2012.06.12 Tuesday

                      クレアチニンのこと!

                      0
                        体内で腎臓が正常に機能しているかどうかを検査するにあたり、血液検査を行うと思いますが、腎臓機能を検査するための項目が「尿素窒素」と「クレアチニン(尿中の濃度の正常値は、男性が20〜26mg/kg/日で、女性が14〜22mg/kg/日です)」です。

                        今回は、「クレアチニン(老廃物の一種で、クレアチンリン酸が筋肉へエネルギーを供給する際に分解されて代謝産物としてできます)」について説明したいと思います。



                        元々、腎臓は血液をろ過する働きをしていて、血液をろ過し、発生した老廃物が体内に蓄積して中毒症状をおこしてしまわないよう濃縮して尿中に排泄したりしています。

                        また、体の中の水分量や塩分を調整するような利尿作用も持っていますし、血圧を調節するなど、私達が生きていく上で重要な役割をしているのです。

                        しかし、この腎臓の機能が低くなっていくと、血液中のクレアチニン(尿中の濃度の正常値は、男性が20〜26mg/kg/日で、女性が14〜22mg/kg/日です)の値が高まる事でしょう。



                        筋肉を使用する時、クレアチンと言う物質から放出されるエネルギーを使って筋肉を動かしています。

                        クレアチンと言った物質は、クレアチンリン酸というエネルギーを貯めた物質で、筋肉の中にこの物質を含んでいます。

                        クレアチンリン酸が筋肉を使いたいとする時にクレアチンに変わり、エネルギーを放出しきってしまった物がクレアチニン(血液中の正常値は、男性が0.6〜1.2mg/dlで、女性が0.4〜1.0mg/dlです)に変化するのです。

                        このクレアチニンも、腎臓から尿を介して体外へ排泄されます。



                        ところが、腎臓機能が低下してしまったら、クレアチニン(筋肉の量が多ければ、正常値も高くなります)が体外へ排出されず、腎臓内に留まってしまう為、血液検査をやるとクレアチニン(尿中の濃度の正常値は、男性が20〜26mg/kg/日で、女性が14〜22mg/kg/日です)の数値が高くなる訳です。

                        筋肉にとって必要な物質であるクレアチニンは、筋肉の量によって体内に蓄積されてる量も決まります。



                        従って、男女によって筋肉量に差がある為、クレアチニン(尿中の濃度の正常値は、男性が20〜26mg/kg/日で、女性が14〜22mg/kg/日です)の値にも差が出てきます。

                        それに、小児や高齢者など、筋肉量が少ない年代は成人よりも平均値が低く出ます。



                        今日のサイトのご紹介。
                        腎臓病は薬物療法では完治できない病気
                        腎臓病を予防するためには運動が必要
                        腰痛で腰に痛みを感じる原因はもしかしたら腎臓病かも?



                        この記事の関連ワード
                        入院 痛み 日本小児 食 カリウム カリウム制限 


                        ▲top